関西出身ってなんでわかったの?

はじめましての方へ。

過去の記事内容は、下記で読めますので、

よろしければごらんください^^

7回もの転職をして思うこと。

なぜこのブログを書いているのか。

リストラ、休職と転職の繰り返し、失業

私は関西で育ちました。

いまは関東に住んでいます。

関東に来て、17年くらいになります
・・と、いま数えてビックリしました!

というわけで、関西弁が母国語なんです。

でも、関東に来て、標準語のイントネーションで

だいぶ話せるようになりました!

の、はずです。と、思います。

いまでは、あまり「関西出身」とは見破られません。

が、たまに、わかる人にはわかるんですね。

それは、関西弁の特徴は、

イントネーションだけではなく、

「母音」にあるからです。

例えば、「タクシー」という言葉。

これを、標準語の発音だと、

「ta k shii」

という具合に、「ク」は、子音だけになります。

それに対して、関西弁では、

「ta kU shii」

と、しっかり「ク」を母音付きで発音するのです。

母音の省略があまりないのが

関西弁の特徴です。

関西弁は、イントネーションの違いが目立ちますが、

この、

「母音が抜けないこと」

ここに、関西っぽさが色濃く残ります。

たとえ標準語のイントネーションで話していても、

何かが関西っぽい・・。

これは、「母音が抜けていない」ことから

感じられるのです。

という話を母に熱弁したんですが、

わかってもらえませんでした。。

(母は大阪生まれ、現在も大阪にいます)

何度も

「タクシー」

を実演したのに。。

同郷の友人とは、

「ほんまや!!」

って、盛り上がったんですが・・・。

・・伝わったでしょうか・・?

実演しないと伝わりづらい、ですよね。

反省です。

コメントをする





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページトップ